関西歌劇団の歴史  創始者・理事長ご挨拶 

1949年春、指揮者・朝比奈隆を中心に関西の声楽家が集まり、旗揚げ公演《椿姫》で発足しました。その後年間2回グランドオペラ中心の定期公演のほか数々の公演を行っています。

1954年、歌舞伎調の《お蝶夫人》公演を機に、爾来《夕鶴》や《修禅寺物語》、《赤い陣羽織》(100回公演)といった邦人作品の初演にも力を注ぎ、“創作オペラのメッカ”と謂われました。

現在は、創作ものを含め、年3回の自主公演を柱に、常に注目すべきオペラ活動を展開しています。

92年よりミラノから指揮、演出、ソリストとともに装置、衣裳を直輸し、93年《ラ・ボエーム》、94年《カルメン》を日伊合同上演。95年はワルシャワ国立歌劇場と《ハルカ》の合同公演。98年には本団創立50周年記念公演として日伊共同制作のグランドオペラ《アイーダ》を劇団員総出演でフェスティバルホールにて上演し、絶賛を博しました。

また貴志康一物語《ベルリンの月》(創作)や、2000年には田辺聖子台本の《源氏物語》を創作するなど、わが国のオペラ振興運動を推進しています。

古い歴史と伝統を誇る本団は、若くフレッシュな新進のアーティストを迎え、舞台経験の深い先輩団員の温かい指導により、素晴らしい舞台を創造しています。

正団員(Sop.)

守田麻喜子 河邉敦子 湯浅 契 玉田美絵​ 樽谷昌子 小笠原アユミ 中野順子 森 敦子

井岡潤子 宮本佳代 日下部祐子 長井留理子 藤浦佐知子 髙木ひとみ 太田裕子

若林真実 大利里美 神村美喜子 正木麻友美 吉岡仁美 森本まどか 置田弥生

松下めぐみ 内田千景 福住恭子 松田康子 山下千穂 有田輝子 清野千草 阿部真子

藤田果苗 西上亜月子 又吉優香 源 雅代 柴山 愛 末廣早苗 三輪千賀 嵐 麻衣 

中塚奈美 大﨑友美 辻村明香 脇本圭奈子 伊藤あかね 中野陽登美 野口麻衣

長町香里 坂田真理子 井田佳世 北野智子 長太優子 松浦綾子 井関日和 岡本真季

木村美穂 結城彩華 𦚰阪法子  芦田由美子 池田路子 井塚有子 伊藤智恵

井上英子 井ノ本恵里 岩本真利 上野智子 上山ゆり 尾市雅子 大賀千夏子

岡垣 優 折笠 舞 海江田琴恵 風間友香子 加藤木起司子 川上佐由利 川田理紗

河野佳子 草野浩子 小竹晴枝 後藤涼子 小林とき子 小山敦子 重住亞也

嶋野明子 高橋由華 出口真弓 長谷圭子 中村祥子 中山真弓 梨谷桃子 西尾薫

西野佳子 馬場啓子 林 佑子 日野葉子 藤 啓子 洞とも子 牧野浩子 三谷千恵美

満嶋美香 南 さゆり 吉野里美

 

準団員(Sop.)

向谷紗栄 菊地博子 花岡祐子 黒田恵理 大澤理英 津石晃子 栢森千紘 席定真弓

野尻友美 田中里奈 東 里桜  相澤あゆみ 紙谷一帆 中塚京子 西 有子

前田明子 安田定柄

研修生(Sop.)

上野説子 松山七織 森山ゆり子 山田遥加

正団員(Mez.)

荒田祐子 田中友輝子 西村規子 村田真理 橘 知加子 吉永裕恵 西原綾子 髙坂幸子

北野知子 小川典子 土岐真弓 久本幸代 小島直美 林 圭子 堀口莉絵 鈴木彩未

仁田依里 福井由美子 藤本裕貴  小澤夏紀 橋本多加子  

準団員(Mez.)

田中玲奈 滝沢真由  小林あすき

研修生(Mez.)

蒔田奈々穂  長濵あずさ

 

 

正団員(Ten.)

角地正範 清原邦仁 清水崇香 谷 浩一郎 橋本恵史 上辻直樹 孫 勇太

岡成秀樹  平松実留 前田 満

準団員(Ten.)

近藤勇斗

研修生(Ten.)

​庄司行寬

正団員(Br.)

井上敏典 田中 勉 佐藤彰宏 田中由也 堀 保司 松澤政也 富永奏司 山川大樹

周 江平 落合庸平 砂田麗央 大西 凌 繁 亮太  井原秀人 玉木保弘 和田一人

 

 

準団員(Br.)

  米田良一郎 御舩 鋼 

 

 

正団員(Staff)

井原広樹

 

 

2019年 10月現在

関西歌劇団団員

© 2015 by KANSAI ART PROMOTION SOCIETY (Non-Profit Organization).

figaro2010.jpg